top of page

"WordPress & Wix ! 選ぶ前に知っておきたい情報"


ふんさいでざいん.のブログヘッダー画像

こんにちは!


スモールビジネスのスタートアップ支援中!のふんさいでざいん. 坂本です。


当アカウントではWixを使用して


 <高品質・やすい・早い>


 の夢の三拍子が揃ったwebサイト制作(Wixサイト制作代行)をご提供しております。


先日のお話になりますが、弊社もようやく "Wixパートナー レジェンド" として認定いただきました〜。いや〜長かった。Wix Market Place への登録を検討したのがつい昨年の話で、そこから全て順調に(とはいかなかったかも)で念願のレジェンドランク達成です。これからもWixビルダーの使い手として、Webデザインのプロフェッショナルとして、お客様にお値段以上の価値提供ができるように精進いたします。


ちなみに今年はWix STUDIOでのリリースを多数予定しています!個人的には、まだまだユーザーとしての使い勝手はいかがなものか?と言うのが本音ですが、Wixビルダーではビミョーに実現できなかったデザイン・ディテールなどに対応しているので、よりフルスクラッチに近いサイトご提供が可能になっております。


気になるお客様は是非お問い合わせくださいね〜 webによるお打ち合わせがなんと初回無料!でお受けしております。


以上閑話休題でした〜


 

Wixを使うメリット


wixのバッチ


さて本題です!


本日は個人的によくお尋ねいただく


"Wordpress" と "Wix" ってどっちがいいの?


に関してお話ししていきたいと思います。


最近ではフルスクラッチによる制作の提供をストップし、Wixでのホームページ制作をメインに受注する制作会社も少なくない中、まだまだそのメリットに関して周知されていない部分も多くあります。

一般ユーザーの皆様にとって、Wixは、魅力的なウェブサイトビルダーであり、その利点は多岐にわたります。まずはザッと下記をご覧ください↓


1. 使いやすいドラッグ&ドロップエディター

Wixのドラッグ&ドロップエディターは直感的で使いやすく、コーディングの知識がなくてもプロフェッショナルなウェブサイトを簡単に作成できます。


2. 豊富なテンプレート

Wixは500以上のデザインテンプレートを提供しており、ビジネス、ブログ、ポートフォリオ、オンラインストアなど、さまざまな用途に対応しています。これらのテンプレートはカスタマイズが可能で、独自のウェブサイトを作成できます。


3. モバイル最適化

すべてのWixテンプレートはモバイルフレンドリーであり、自動的にモバイルデバイスに最適化されます。モバイルビューのカスタマイズも簡単に行えます。


4. Wix App Market

WixのApp Marketには、追加機能を提供する多くのアプリが揃っています。予約管理、メールマーケティング、SNS連携、SEOツールなど、多様な機能を簡単に追加できます。


5. SEOフレンドリー

Wixは、ユーザーがウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)を容易に行えるよう、多くのSEOツールを提供しています。カスタムURL、メタタグ、画像のalt属性の設定などが可能です。


6. コストパフォーマンス

Wixは、無料プランを提供しており、基本的なウェブサイトを無料で作成できます。プレミアムプランも複数用意されており、ニーズに合わせて選択できます。


7. 24時間サポート

Wixは24時間体制のサポートを提供しており、問題が発生した際に迅速に対応してもらえます。サポートには、オンラインチャット、メール、豊富なヘルプセンターのリソースが含まれます。


8. 高いセキュリティ

Wixはウェブサイトのセキュリティに力を入れており、SSL証明書やDDoS対策などのセキュリティ機能を標準で提供しています。


9. Eコマース機能

WixのEコマース機能を使えば、オンラインストアを簡単に構築できます。製品管理、支払い処理、在庫管理、クーポンコード発行など、オンライン販売に必要な機能が揃っています。


10. 多言語対応

Wixは多言語対応が可能で、簡単に多言語サイトを作成できます。異なる言語のユーザーに対して適切なコンテンツを提供することができます。


といった感じで、Wixは、その使いやすさと多機能性から、個人ユーザーからビジネスオーナーまで幅広いユーザーに適しています。要は、簡単かつ直感的に操作・運用ができる!そんなイメージですね〜



Wordpressを使うメリット


wordpressの画面

一方でWordPressを使うメリットは多岐にわたります。以下にその主要な利点を示します↓


1. 柔軟性と拡張性

  • テーマとプラグインの豊富さ: 数万種類のテーマとプラグインが利用可能で、サイトの外観や機能を自由にカスタマイズできます。

  • カスタムポストタイプ: 標準の投稿やページ以外に、カスタムポストタイプを使って独自のコンテンツタイプを作成できます。


2. SEOに強い

  • SEOプラグイン: Yoast SEOやAll in One SEO Packなど強力なSEOプラグインを利用でき、詳細なSEO設定が可能です。

  • コードのカスタマイズ: コードの編集が可能なため、SEOに最適な構造に調整できます。


3. コスト効果

  • 無料オープンソース: WordPress自体は無料で使用できます。

  • 低コストのホスティング: 様々なホスティングプロバイダーがWordPress用のリーズナブルなプランを提供しています。


4. 巨大なコミュニティ

  • サポートフォーラム: 世界中のユーザーが参加する活発なコミュニティフォーラムがあり、質問や問題に対するサポートが充実しています。

  • ドキュメントとチュートリアル: 豊富な公式ドキュメントやユーザーが作成したチュートリアルが利用可能です。


5. 完全な所有権

  • データの所有: WordPressサイトのデータは自分で管理できるため、プラットフォームの制約を受けずに自由にデータを移行できます。

  • コードの編集: サイトのすべてのコードを自由に編集できるため、細部にわたるカスタマイズが可能です。


6. マルチユーザー機能

  • 権限管理: 複数のユーザーを追加し、それぞれに異なる権限を設定できます(管理者、編集者、投稿者など)。

  • 共同作業: チームでの共同作業が容易に行えます。


7. マルチサイト機能

  • 複数サイト管理: 1つのWordPressインストールで複数のサイトを管理できるマルチサイト機能があり、大規模なプロジェクトに適しています。


8. 多言語対応

  • 多言語プラグイン: WPMLやPolylangなどのプラグインを使って、多言語サイトを簡単に作成できます。

  • 翻訳対応テーマとプラグイン: 多くのテーマとプラグインが翻訳対応しており、グローバルなユーザーに対応できます。


9. eコマース対応

  • WooCommerce: 世界中で人気のあるeコマースプラグインを使用して、強力なオンラインストアを構築できます。

  • その他のeコマースプラグイン: Easy Digital Downloadsなど、物理商品やデジタル商品を販売するためのプラグインが豊富です。


10. セキュリティ

  • セキュリティプラグイン: WordfenceやSucuriなどのセキュリティプラグインを利用して、サイトを保護できます。

  • 定期的な更新: コアのセキュリティ更新が頻繁に行われ、常に最新のセキュリティ対策が講じられています。


とまあこんな感じでお互いに10個づついいところをピックアップしてみました!

Wixのメリットに対して少しわかりにくいと言いますか、web初心者(一般ユーザーはほとんどそう)のお客様に関しては余計に難解なイメージを与えてしまったかもしれません。


メリットに関してこんな感じですが、今度はデメリットに関して書き出していきましょう〜



Wixを使うデメリット


Wixには多くのメリットがありますが、特定のニーズや状況によってはデメリットも存在します。以下に、Wixを使う際の主なデメリットを示します↓


1. 制限されたカスタマイズ

  • テーマの変更制限: 一度選んだテーマを後で変更することが難しく、別のテーマに変更するとコンテンツの再配置が必要になります。

  • カスタムコードの制限: 高度なカスタマイズを行いたい場合、Wixの制限によりできないことがあります。カスタムコードの挿入は可能ですが、完全な自由度はありません。


2. SEOの制約

  • 柔軟性の欠如: WordPressなどと比較すると、SEOの設定やカスタマイズの自由度が低いです。一部のSEO専門家は、WixのSEO機能が限られていると感じるかもしれません。

  • URL構造の制約: URL構造が固定されており、特定のカスタマイズが難しい場合があります。


3. ランニングコスト

  • 無料プランの制約: 無料プランではWixの広告が表示され、カスタムドメインを使用することができません。プレミアムプランが必要です。

  • 追加機能の費用: 一部のアプリや機能は追加料金がかかる場合があり、全ての機能を利用するためには費用がかさむことがあります。


4. 移行の難しさ

  • プラットフォームのロックイン: Wixから他のプラットフォームへの移行が難しいです。サイト全体を簡単にエクスポートできないため、移行時には手作業が必要になることがあります。


5. デザインの制約

  • 独自デザインの限界: プロフェッショナルなデザインや特定のデザイン要件に対して、Wixのテンプレートでは満たせない場合があります。

  • テーマの一貫性: カスタマイズの範囲が広がると、テーマ間の一貫性を保つことが難しくなることがあります。


6. スピードとパフォーマンス

  • ページ速度: 一部のユーザーは、Wixサイトの読み込み速度が他のプラットフォームに比べて遅いと感じることがあります。特に、画像やビデオを多用するサイトでは顕著です。

  • パフォーマンスの制約: 高トラフィックサイトや大規模なウェブサイトには、パフォーマンスの制約があるかもしれません。


7. バックエンドのアクセス

  • サーバーアクセスの制限: 自分のサーバーにアクセスすることができないため、サーバー設定や最適化の自由度がありません。

  • データベース管理: データベースに直接アクセスできないため、データ管理やバックエンドの操作が制限されます。


8. サポートの制約

  • カスタマーサポート: カスタマーサポートは充実していますが、特定の問題や高度なカスタマイズに関するサポートは限られることがあります。

  • コミュニティサポートの不足: WordPressのような広範なコミュニティサポートがないため、トラブルシューティングやカスタマイズの際に情報が不足することがあります。


Wixは、簡単に使える反面、特定のカスタマイズや拡張性を求めるユーザーには制約があるかもしれません。特に、高度なSEO対策や複雑なウェブサイト構築を必要とする場合には、他のプラットフォーム(例:WordPress)を検討することが推奨されます。


って感じで、Wixは簡単かつ直感的に使えるビルダーである一方で複雑なことをやろうとすると制限がある感じなんですね〜こうなってくると一体どっちがいいのかわからなくなってきましたね〜汗

ではフェアに今度はWordpressのデメリットを書き出してみましょう〜



Wordpressを使うデメリット


WordPressは多機能で柔軟性の高いプラットフォームですが、いくつかのデメリットもあります。以下に、WordPressを使用する際の主なデメリットを示します。


1. 学習曲線の高さ

  • 技術的な知識が必要: 初心者には使いこなすのが難しい場合があります。テーマやプラグインの設定、カスタマイズにはある程度の技術的な知識が必要です。

  • 複雑な管理: 多くの機能を活用するためには、WordPressの操作や設定に慣れる必要があります。


2. メンテナンスの負担

  • 定期的な更新: コア、テーマ、プラグインの定期的な更新が必要で、更新しないとセキュリティリスクが高まります。

  • バックアップとセキュリティ: サイトのバックアップやセキュリティ対策を自分で行う必要があります。適切なプラグインの導入や設定が求められます。


3. コスト

  • ホスティング費用: 自分でホスティングを手配する必要があり、安価なプランでも費用がかかります。高トラフィックサイトや高度な機能を求める場合、より高額なホスティングが必要になることもあります。

  • プレミアムプラグインやテーマ: 無料で利用できるものも多いですが、より高度な機能を求める場合にはプレミアムプラグインやテーマの購入が必要です。


4. パフォーマンス

  • ページ速度: 多くのプラグインを使用すると、ページの読み込み速度が遅くなることがあります。最適化が必要です。

  • サーバー負荷: 高トラフィックサイトやリソースを多く消費するサイトでは、サーバーの負荷が高くなり、専用のホスティングやVPSが必要になることがあります。


5. セキュリティリスク

  • 脆弱性: 人気が高いため、攻撃の標的になりやすいです。セキュリティプラグインの導入や、常に最新のバージョンに更新することが重要です。

  • プラグインの品質: 多くのプラグインが存在しますが、品質にばらつきがあり、セキュリティリスクを引き起こす可能性のあるプラグインもあります。


6. 互換性の問題

  • プラグインの競合: 複数のプラグインを使用すると、互換性の問題が発生することがあります。適切なプラグインを選び、テストする必要があります。

  • テーマの互換性: 一部のテーマやプラグインが互換性の問題を引き起こすことがあります。テーマやプラグインの選定には注意が必要です。


7. デザインの制約

  • テーマ依存: カスタマイズがテーマに依存するため、選んだテーマによってはデザインの自由度が制限されることがあります。高度なカスタマイズを行うには、CSSやPHPの知識が必要です。

  • 一貫性の難しさ: テーマやプラグインのカスタマイズが進むと、デザインの一貫性を保つのが難しくなることがあります。


8. サポートの制約

  • 公式サポートなし: WordPressはオープンソースであるため、公式のサポートはありません。問題が発生した場合、自分で解決するか、コミュニティのサポートに頼る必要があります。

  • 有料サポート: 専門的なサポートが必要な場合、有料のサポートサービスを利用する必要があります。


WordPressは非常に強力で柔軟なプラットフォームですが、初心者や技術的なサポートがないユーザーには管理が難しい場合があります。特に、セキュリティやパフォーマンスの管理、テーマやプラグインの互換性の問題を解決するためには、一定の技術知識が必要です。要は自走力と自己解決力のある方もしくは管理・運営をある程度コストをかけてプロにお任せできる人にはオススメできますがそうでない方には、、?と言った感じですね。



WEB制作はカレー作りのようなもの?


カレーを調理する様子


Wixによるホームページ制作とフルスクラッチ(Wordpress含む)を比較して例えて言うなら、カレーをスパイスから作る or 市販のルーから作る 違いに似ているかもしれません。


市販のルーから調理する場合はあらゆる手間を省き、学習コストも最低限に抑えることで具材のグレードに注力することである程度理想的なものを作れるかもしれませんが、例えばユーザー(調理人)のこだわりを反映しようと思えばその再現性の幅に制限がありますよね。


一方スパイスのブレンドから徹底して調理する場合には、素材の選定から味の細部に至る調整まで全てユーザーの腕前・知識次第となるわけです。

スパイスに関する知識やその調理法、あとは保存に至るまであらゆる学習コストが必要ですが、とりわけ完成したカレーは唯一無二のおいしさかもしれません。


要はコストをどこにかけるか?Webサイトの目的・優先順位をどう設定するか?がプラットフォーム選びの中で重要な動機となるでしょう。



WixとWordpressを比較してみて


WixとWordPressはどちらも人気のあるウェブサイトビルダーですが、それぞれに異なる特徴と利点があります。以下に、WixのメリットをWordPressと比較して説明します。


1. 使いやすさ

Wix:

  • ドラッグ&ドロップエディターが直感的で、コーディングの知識がなくてもプロフェッショナルなウェブサイトを簡単に作成できます。

  • テンプレートのカスタマイズが簡単で、初心者に優しい。

WordPress:

  • 柔軟性とカスタマイズ性に優れていますが、基本的な操作でもある程度の技術知識が必要です。

  • プラグインやテーマの設定、カスタマイズには時間と労力がかかる場合があります。


2. セットアップと管理

Wix:

  • ホスティングが含まれており、サーバー設定やメンテナンスの手間がかかりません。

  • ドメイン登録、SSL証明書の取得、セキュリティ更新などが自動で行われます。

WordPress:

  • 自分でホスティングを手配する必要があり、サーバーの設定や管理が必要です。

  • セキュリティ更新やバックアップを自分で行う必要があります(ただし、管理サービスを利用することも可能です)。


3. テンプレートとデザイン

Wix:

  • 500以上のデザインテンプレートが提供されており、すべてがカスタマイズ可能です。

  • テンプレートがあらかじめモバイルフレンドリーにデザインされています。

WordPress:

  • 数千ものテーマが利用可能で、特にプレミアムテーマには多くのデザインオプションがあります。

  • テーマの品質はさまざまで、モバイルフレンドリーでないものもあるため、選定には注意が必要です。


4. プラグインと拡張性

Wix:

  • App Marketには多くのアプリがあり、予約管理、SNS連携、SEOツールなど多様な機能を簡単に追加できます。

  • 公式アプリが多いため、互換性や安定性が高いです。

WordPress:

  • 数万ものプラグインがあり、ほぼ無限のカスタマイズが可能です。

  • プラグイン同士の互換性や更新による問題が発生する場合があるため、注意が必要です。


5. コスト

Wix:

  • 無料プランがあり、基本的なウェブサイトを無料で作成可能です。ただし、Wixの広告が表示されます。

  • プレミアムプランでは、広告を削除し、カスタムドメインや追加機能を利用できます。

WordPress:

  • 自分でホスティングを手配するため、ホスティング費用やドメイン登録費用がかかります。

  • 無料プラグインやテーマが多い一方で、プレミアムプラグインやテーマには追加費用がかかる場合があります。


6. SEO

Wix:

  • 使いやすいSEOツールが内蔵されており、初心者でも基本的なSEO対策が行えます。

  • 自動的にSSL証明書が適用され、サイトのセキュリティが確保されます。

WordPress:

  • より高度なSEO対策が可能ですが、適切なプラグインの導入と設定が必要です。

  • Yoast SEOやAll in One SEO Packなどの強力なSEOプラグインがありますが、設定には多少の知識が必要です。


7. サポート

Wix:

  • 24時間体制のサポートがあり、オンラインチャットやメールで迅速な対応を受けられます。

  • 豊富なヘルプセンターのリソースがあります。

WordPress:

  • コミュニティベースのサポートが中心で、フォーラムやオンラインリソースが豊富です。

  • 公式のサポートはありませんが、有料のサポートサービスを利用することも可能です。


Wixは使いやすさと手軽さを求めるユーザーに適しており、特にコーディングの知識がない初心者や小規模ビジネスにおすすめです。一方、WordPressはカスタマイズ性と拡張性を重視するユーザーに適しており、技術的な知識がある場合や高度な機能が必要な場合に最適です。





まとめ -高品質・低価格のWixサイト制作はふんさいでざいんにお任せ!


何やら長々と説明してしまいましたが


節約したいオーナーさんはとにかく一度Wixを使う→わからないことは逐一調べるor誰かに相談スタイルでたいていなんとかなると思います!


でもそれだと結構リソースくっちゃいますよね。


わからないことを調べるor人に聞くって時間使いますよね。


時間勿体無くないですか?


そうなんです。節約してエイヤー!と勢いでホームページを公開してみたは良いものの、テンプレから脱却してオリジナルデザインで制作してみよう!となると色々ノウハウが必要になってきます。


結局投資するのがお金になるか時間になるかの話で本末転倒なんですが、底値ご提供でさせていただいおります当方のWixサイト制作サービスをお使いいただくことで


高品質

低コスト

リーズナブルな拡張性(長期的にみてもリーズナブル)

納期早い


なホームページ制作・運営スタイルが手に入るのです。いかがでしょうか〜




以下に当方で当方で制作させて頂きましたWixサイトをいくつかご紹介させていただきます↓



ホームページ制作やWixサイト制作を低価格・安価でお考えの際はぜひ当方へお問い合わせください^ ^

合言葉は高品質・低価格のWixサイト制作はふんさいでざいんにお任せ!


え?お金がない?

何とかしますとも!!


坂本 / ふんさいでざいん.でした〜〜



閲覧数:2回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page